福井大学福井大学医学部福井大学医学部附属病院
高エネルギー医学研究センター スタッフ 研究・業績 パートナー ワークショップ
     
スタッフ



リンク
福井大学医学部
研究者情報検索システム
医学部研究者の詳細なプロフィール、研究活動等を閲覧することができます。
 
 
HOME ニュース センターご案内 アクセス English  
HOME > スタッフ
 
  岡沢 秀彦
  分子イメージング展開領域 生体機能解析学部門 教授 (センター長併任)
     
岡沢 秀彦 研究テーマ
脳神経・腫瘍・心臓の各種疾患における分子イメージングを用いた臨床的研究および診断法・解析法の開発
コメント
核医学(RI)検査は生理機能や病態評価に役立っており、近年はPETを用いた分子イメージングや腫瘍診断が注目されている。定量性に優れたPET画像は、体内物質と類似構造のトレーサーを用い、血流、糖代謝、酸素代謝、アミノ酸代謝といった基礎的生理機能の評価を可能とし、病態診断にもたらす意義は大きい。また、動物実験による基礎的研究では、新しいトレーサー(分子プローブ)の開発や薬剤効果判定などが可能であり、広範な応用が期待される。様々なトレーサーの生体内での動態を正確に解析することで、生体機能の解明を目指す。

略歴: CV.pdf

Publications: publication.html
 
  清野 泰
  分子プローブ開発応用領域 分子プローブ設計学部門 教授
     
清野 泰 研究テーマ
病態の特性に基づく分子イメージングプローブの開発およびその解析に関する研究
コメント
生体機能を非侵襲的にイメージングするのにPETは非常に優れた性質を有している。そして、様々な疾患の病態を解明にするためには、個々の疾患に特徴的なターゲットをイメージングするため分子イメージングプローブが必須となってくる。そこで、腫瘍、脳、心臓を中心に、臨床応用可能な分子イメージングプローブの開発およびその解析に関する研究を行っている。さらに、診断のみならず治療への展開も考え、内照射療法の研究もスタートしたところである。

1.腫瘍イメージングプローブの開発
エネルギー代謝機能、レセプター機能、トランスポータ機能に着目した分子 イメージングプローブの開発
2.脳疾患イメージングプローブの開発
精神疾患、アルツハイマー病を標的とする分子イメージングプローブの開発
3.心疾患イメージングプローブの開発
エネルギー代謝機能、心臓交感神経機能を標的とする分子イメージングプ ローブの開発
4.腫瘍の内照射療法用分子イメージングプローブの開発
DNA合成機構をターゲットとした内照射用プローブの開発
 
  辻川 哲也
  分子イメージング展開領域 脳神経病態解析学部門 准教授
     
辻川 哲也 研究テーマ
脳神経および腫瘍における新たな分子イメージングの開発と臨床応用
コメント
医用臨床画像の分野でCTやMRIの造影剤を用いて病変の造影効果等を評価するのも分子イメージングの1つですが、なかでもPETを含めた核医学は標的とする受容体、酵素、タンパク発現などの病態特異的プローブを用いられるという点で分子イメージングの最たるものだと思います。診断や治療効果予測に有用な可能性のある新規PET薬剤について、その生体内での動態解析を含めた研究を基礎から臨床レベルで行っています。
 
  森 哲也
  分子イメージング展開領域 PET薬剤製造学部門 助教
     
森 哲也 研究テーマ
 
コメント
FDGをはじめとした臨床用PET薬剤の製造および品質管理に携わっています。基礎研究では、新規インビボイメージング薬剤の開発をめざしてF-18/C-11標識化合物の合成および小動物を用いての評価を行っています。また、臨床を視野に入れた自動合成装置の開発にも取り組んでいます。
 
 
  牧野 顕
  分子プローブ開発応用領域 助教
     
牧野 顕 研究テーマ

疾患特異的な新規分子イメージングプローブの創製

コメント
病態の特性に基づいた新しい分子イメージングプローブの開発を試みています。特に合成化学的アプローチを駆使しながら、PETやSPECT、MRI、近赤外光などの各種モダリティの特性と組み合わせたプローブ候補化合物を創製してきます。また、分子設計、化学合成、生物学的評価を循環的に検討することによって、従来法では不可能であった診断法の確立に繋げていくことを目的としています。
 
 
  島田 浩二
  脳神経病態解析学部門 (子どもの発達研究センター 特命准教授)
     
島田 浩二 研究テーマ

言語・社会認知能力の発達に伴う脳の構造的・機能的変化の解明

コメント
発達や学習は脳の構造・機能を変化させます。しかし,発達や学習に伴って,脳の中のどこの領域(および領域間の結合関係)が,どのような過程で変化するのかについて十分な理解は得られていません。そこで,ヒトのこころの発達の中でも,とくに,言語や社会認知能力に焦点を当て,それらの能力の発達を可能とする認知・神経メカニズムの解明を目的としています。
 
 
 
     
  研究テーマ
.
コメント
 
 
   
     
  研究テーマ
コメント
.
 
   
 パナソニックライフインフォマティクス共同研究部門
 
  伊藤 春海
  パナソニックライフインフォマティクス共同研究部門 特命教授
     
伊藤 春海 研究テーマ
RAPによる画像・解剖・病理学の融合
コメント
 
 
  清野 正樹
  パナソニックライフインフォマティクス共同研究部門 招聘教授
     
  研究テーマ
コメント
 
 
 
  坂井 豊彦
  福井大学医学部放射線科 講師 (パナソニックライフインフォマティクス共同研究部門)
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
 
 
   
 本学兼務職員・共同研究者
 
  浅井 竜哉
  福井大学工学研究科原子力・エネルギー安全工学専攻 准教授 (細胞機能解析学部門)
     
浅井 竜哉 研究テーマ
光イメージング法を用いて、主に中枢神経系の組織レベルにおける神経活動を捉え、イオンチャネル、水チャネル(アクアポリン)、トランスポーターなどの神経活動やシナプス伝達への機能的役割の解明
コメント
平成16年から新設された専攻科へ移り、それに伴い高エネルギー医学研究センターと連携して研究を進めていくことになりました。今までの光イメージングの手法を取り入れた研究分野に挑戦していこうと考えています。
 
  徳永 雄次
  福井大学工学研究科材料開発工学専攻 教授 (分子プローブ設計学部門)
     
研究テーマ
1.医学・薬学的な応用を目指した有機分子の設計とその合成
2.分子センサーのための人工リセプターの開発
3.ロタキサンの合成とその応用
コメント
有機合成と超分子化学を基盤とした研究をしています。有機合成や有機反応をメインにした研究より合成した化合物の機能を見てみたい学生、物理化学的なことに興味はあるが新しい化合物を合成したい学生、大学院生を募集していますのでお気軽に連絡して下さい。また、共同研究者を希望される企業や研究者の方、研究結果や研究法に興味のある方は、是非ご一報下さい。

ホームページアドレス:http://www.matse.fukui-u.ac.jp/~tokunaga/
 
 
 
   
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
   
 留学生・大学院生・学生
 
  丸山 力哉
  高エネルギー医学研究センター 国際画像医学研修部門 大学院生 (附属病院放射線部)
     
丸山力也 研究テーマ
PET & MRI
コメント
(休学中)
 
 
  Mahmudur G.M. Rahman
  高エネルギー医学研究センター 国際画像医学研修部門 大学院生
     
  研究テーマ
Clinical Molecular Imaging, Biomedical Imaging
コメント

 

 

 
 
  高エネルギー医学研究センター 国際画像医学研修部門 大学院生
     
  研究テーマ
 
コメント

 

 

 
 
(工学部・修士課程)
  真鍋 敏弥
  福井大学大学院工学研究科 大学院生
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
  村田 桃子
  福井大学大学院工学研究科 大学院生
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
  中谷 理乃
  福井大学大学院工学研究科 大学院生
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
 
  成田 泰規
  福井大学大学院工学研究科 大学院生
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
 
 
 
   
 研究協力者
 
  小林 正和
  金沢大学大学院医薬保健研究域保健学系 助教
     
吉井 幸恵 研究テーマ
核医学技術を用いた脳機能解析
コメント
 
 
 
  吉井 幸恵
  放射線医学総合研究所分子イメージングセンター 研究員
     
吉井 幸恵 研究テーマ
がん特異的代謝の解析 ―分子イメージングの新たな標的を求めてー
コメント
がんの「分子イメージング」の進展には、がん細胞の特性に対する生物学的知見の蓄積が必要不可欠であると考えています。我々は、がんを標的とした分子イメージングの新たなターゲットを探索する目的で、がん特異的代謝に関して研究を進めています。
 
 
   
 事務・技術補佐員
 
  中村 順子
  福井大学松岡キャンパス総務室
     
  コメント
 
 
  黒川 由美子
  研究補助
     
  コメント
PET予約受付/RI管理/臨床補佐などを行ってます。
出身:滋賀県彦根市
趣味:ドライブ・パズル
 
  松岡 裕美
  研究補助
     
  コメント

 
 
 
  藪 美由紀
  研究補助
     
  コメント
PET予約受付/RI管理/臨床補佐などを行ってます。
 
 
  及川 広志
  高エネルギー医学研究センター 臨床放射線技師
     
  コメント
PET検査の撮像および小動物PET装置の管理などを行ってます。
 
  岡本 友紀
  秘書
     
  コメント
 
 
  水口 江通子
  パナソニック医工学共同研究部門 秘書
     
  コメント
 
 
  伊藤 久美子
  パナソニック医工学共同研究部門 秘書
     
  コメント
 
 
  須山 綾香
  パナソニック医工学共同研究部門 秘書
     
  コメント
 
 
  長谷川 理恵
  パナソニック医工学共同研究部門 秘書
     
  コメント
 
 
  伊藤 陽
  株式会社 CMI
     
  コメント
CTI社(現 シーメンスUSA社)製サイクロトロンの運転・保守業務を行っております。機械の安定稼動を目指して業務に取り組んでおります。
 
  Martinez Miguel Ernesto
  株式会社 CMI
     
コメント
Development of more efficient and less time-consuming reactions to synthesize new PET radiotracers is a challenge for radiochemists due to the short half-lives of positron-emitting radioisotopes. Aminosugars labeled with positron-emitting radioisotopes have been investigated for the in-vivo evaluation of biochemical processes in cancerous tissue. Since aminosugars are obligatory structural components of many biologically important macromolecules including glycoproteins and polysaccharides, they could also be used for imaging infection using PET. The aim of my research is to develop aminosugar labeled compounds which will contribute to progress in PET imaging of infections.
 
   
 客員教授
 
  定藤 規弘
  脳神経病態解析学部門 客員教授 (岡崎生理学研究所教授)
     
清野 泰 研究テーマ
機能的MRI (fMRI)による脳機能解析および脳科学一般に関する研究
コメント
大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所
定藤研究室 http://www.nips.ac.jp/fmritms/outline/index.html
 
  米田 誠
  脳神経病態解析学部門 客員教授(福井県立大学教授)
     
米田 誠 研究テーマ
神経変性疾患を対象としたミトコンドリアおよび酸化ストレスの機能イメージング
コメント
細胞内小器官であるミトコンドリアの遺伝的・後天的異常は、パーキンソン病やALSなどの神経変性疾患の病因・病態に深く関わります。ミトコンドリア呼吸鎖の障害は、エネルギー産生の低下とともに酸化ストレスを増大させます。患者生体におけるPETを中心とした機能イメージングによってこれらを探究してゆきたいと思います。
 
  川井 恵一
  国際画像医学研修部門 客員教授(金沢大学大学院医薬保健研究域保健学系教授)
     
  研究テーマ
代謝機能・神経伝達機能診断薬の開発、腫瘍の放射性診断薬・内用放射線治療薬の開発、医薬品の体内動態制御法の開発
コメント
非侵襲的画像診断法の中でも、機能画像診断に用いる新規の放射性医薬品の開発を目指します。代謝機能・神経伝達機能の診断を目的とし、分子イメージング的な手法も駆使しながら、特に代謝基質の誘導体を利用した新規標識化合物の設計や評価を行ってきました。現在は腫瘍で特異的に亢進する代謝機能に着目した診断薬の開発も進める一方で、内用治療薬への応用も試みています。さらに、診断薬をより有効に用いるための製剤的工夫による体内動態制御法にも取り組んでいます。これらの研究成果を基盤として、新しい診断技術の開発に貢献したいと考えています。
 
  山本 和高
  がん病態制御・治療部門 客員教授 (福井県立病院陽子線がん治療センター)
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
  井戸 達雄
  PET工学部門 客員教授 (東北大学名誉教授)
     
井戸 達雄 研究テーマ
 
コメント
平成17年4月より高エネルギー医学研究センターに寄付研究部門として発足したPET工学部門では加速器によるポジトロン核種の製造に係わる諸問題について、その解析と解決法を追求し、より効率の良い安全なPET用核種製造法を開発することを目的としている。また製造した核種で標識された薬剤の合成に関し光化学、電気化学、触媒化学、マイクロ波技術などを積極的に応用した標識合成法を進めている。さらに合成法を確立した標識薬剤については分子イメージング部門、放射性医薬品化学部門と密接な連携によってPET診断用薬剤としての評価を行い、生体イメージング部門での臨床応用研究へと展開することとしている。17年度は18Fの標識合成について親電子反応、求核反応を効率的に応用するために、18O2をターゲットとし(p,n)反応によって18F2を製造する方法を検討すると共に求核反応をマイクロ波で促進する方法の導入を検討した。学術創成研究の分担課題研究では神経シグナル伝達のセカンドメッセンジャー機能の画像化と腫瘍の増殖シグナルの画像化を目的とした18F-FDAGについて細胞レベルでの評価を行うとともに、臨床応用を目指して標識前駆体および毒性試験を行うための非標識薬剤の確保を行った。
 
  日下部 正宏
  PET工学部門 客員教授
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
  脇 厚生
  PET工学部門 客員准教授
     
  研究テーマ
 
コメント
 
 
 
   
 歴代センター長
 
  藤林 靖久
  第3代 センター長(2006.04.〜2010.03) 名誉教授, 特命教授(放射線医学総合研究所分子イメージングセンター長)
     
藤林 靖久 コメント
核医学は、疾患に関連した酵素、レセプター、抗原などのタンパク発現変化の検出、すなわち遺伝子発現の検出を目的とする。その意味で本来的に「分子イメージング」である。分子イメージング研究部門は、放射性医薬品やMR造影剤の開発を土台として、脳・心臓疾患、腫瘍の新たな側面を見つけることが仕事と心得ている。また、癌組織に選択的に集積する診断薬剤開発で得られた知識をDDSとして、新しい内照射治療薬剤へと展開する研究も精力的に行っている。研究の第一線にいることは年とともにむずかしくなっているが、若い研究者の会話についていけるよう勉強だけは続けていきたいと考えている。
 
  米倉 義晴
  第2代 センター長(1998.04.〜2006.03) 名誉教授 (放射線医学総合研究所理事長)
     
米倉 義晴  
コメント
 
  石井 靖
  初代 センター長(1994.05.〜1998.03) 名誉教授
     
石井 靖  
コメント
 
 
  PAGE TOP
 
福井大学 高エネルギー医学研究センター
  〒910-1193 福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3(福井大学 松岡キャンパス内)
Tel:0776-61-3111(代表) Email:bircfukui@gmail.com
©2006 Biomedical Imaging Research Center All rights reserved.