動物実験における3R

 動物愛護法 第41条 「動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等」では動物実験の世界ルールである3R(Reduction, Replacement, Refinement)について、以下のように規定しています。

科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により動物を適切に利用することに配慮する 。 
 Reduction
科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用することに配慮する。  
 Replacement
動物を科学上の利用に供する場合には、その利用に必要な限度において、できる限りその動物に苦痛を与えない方法によつてしなければならない。
 Refinement

   

Refinement への生物資源部門の取り組み

飼育保管、実験処置等においてできるだけ動物に苦痛を与えないようにすることは実験動物関係者の遵守事項です。 生物資源部門では、以下の取り組みを行っております。 

1.飼育環境の維持、改善 (飼育管理、飼育環境の維持、環境モニタリングなど)
2.実験動物の健康維持(検疫、微生物モニタリング、衛生管理など)
3.手技の講習、実験補助(動物の取り扱い、保定、麻酔、鎮痛、術後管理など)

 

   
     
     

 〒 910-1193
 福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23
 福井大学ライフサイエンス
     支援センター
 生物資源部門